個人輸入や海外通販オンラインネットショップからの購入に必要な最新情報を提供する総合ポータルサイト

個人輸入の方法については、現在は大きく分けて3通りがあります。
輸入者が海外の販売店、海外通販オンラインネットショップ、業者(以下海外ショップ)より直接購入する直接輸入方法
海外ショップが日本の輸入者から直接注文を受けて日本へ直送するという形態。
日本への発送は大手の海外ショップも対応しているようですが、まだ多くはないようです。
うまく利用できればかなり経費は削減できますが、リスクは高いといえます。
発送方法一つを取っても高額な運送会社を海外ショップが利用して発送するということもありえます。
輸入者が海外ショップ現地の語学力に卓越していて輸入者側にすべて有利に注文を進めることができ、
なおかつリスクも回避できる場合などにはよい方法といえます。

次に輸入者が海外ショップに直接注文し現地の日本語ができる受取業者(輸入代行業者)に荷受をしてもらい日本へ発送してもらう転送輸入方法
受取業者によって転送という形で様々なサービスを提供しています。
直接輸入よりはリスクは軽減できますが、受取業者の手数料が発生しますので受取業者をよく選んで利用することが必要となってきます。

最後に輸入代行業者にすべて任せるという輸入代行(買い物代行)方法
日本または現地の輸入代行業者に希望商品を買い付けてもらい輸入者に発送してもらいます。
全部日本語で業者にすべておまかせ状態なので、英語がまったく苦手な方や、個人輸入初心者にはお勧めな方法です。









MENUスマートフォン用

管理人/副管理人のみ編集できます

メンバー募集!