個人輸入や海外通販オンラインネットショップからの購入に必要な最新情報を提供する総合ポータルサイト

個人輸入の利点、メリットは現地の価格で購入するため同じ商品が日本の販売価格より安く買えることがあります。

円高の時には日本での輸入は更に価格的に有利となります。日本では買えない、売っていない商品を入手する事ができます。
単純計算で為替レートが円高で80円/$1の時は100円/$1の時と比較して輸入者の支払いは4000円安くなります。
$200(商品代)x80円(レート)=16000円(輸入者支払い)
$200(商品代)x100円(レート)=20000円(輸入者支払い)

個人輸入として輸入すれば、輸入関税の免税や減税などの恩恵を受けることができます。
個人輸入の場合は申告価格(CIF価格)が10万円以下だと海外の小売価格に0.6を掛けた金額となります。JETRO解説
また、商品によっては申告価格が1万円以下だと免税となります。

関税に関しては商品や状況により違いがあるようなので今後、情報入手しだい個人輸入関税に追記していきます。
国外からの発送方法を国際郵便発送で高額商品を輸入したのに無課税だったという情報がよくあります。
これは個人輸入の方法にありますように宅配便と一般貨物に比べて、
通関手続きが複雑で量が多くすべての荷物を確認できないためと言われています。



MENUスマートフォン用

管理人/副管理人のみ編集できます

メンバー募集!