個人輸入や海外通販オンラインネットショップからの購入に必要な最新情報を提供する総合ポータルサイト

個人輸入商品の中で定番と言えば靴。
価格がお手頃で重量が軽く国際便送料の負担が少ない。サイズやデザインが海外の方が豊富という事もあり、
代表ブランドではやはりNIKE、女性に人気のUGGなどが、多く好まれている。

しかし、関税が高いという事が言われるが、特に革靴。
革靴の関税が高いのは皮革・革靴の関税割当制度によるもので、
日本の江戸、明治にまで遡る保護産業が今も継承されているからと考えられます。

現在アメリカでよく売れている日本製の靴ASICSがあるが残念ながら皮靴ではない、
反面、日本国内人気のバッグではあるがCoachは創業時に野球のグローブ革を使用するなどで、革製品も多い。

経済産業省の調査票(延長)より
 我が国皮革産業及び革靴産業が構造改善を行い、アジア諸国からの低価格品及び欧
 州からの高級品と対抗しうる国際競争力が備わるまでの間の暫定措置として、関税
 割当制度を存続させなければ、国内産業は多大な影響を受けるため。
これは平成26年まで延長となっていますが、TPPが推し進められる中、
例外措置で今後も延長され続けるのであろうか。

国際郵便発送で高額商品の靴を輸入した場合、無課税だったという報告例がよくあります。
国際宅配便や一般貨物の輸入と違い国際郵便での輸入は通関手続きが煩雑で、
取扱数量も多いということから、すべての荷物を確認できずに運よく通過することがあるからです。
通関手続きの比較図解参考

管理人/副管理人のみ編集できます

メンバー募集!