個人輸入や海外通販オンラインネットショップからの購入に必要な最新情報を提供する総合ポータルサイト

輸入禁止商品(輸出入禁止、規制品目)(運送会社発送取扱不可商品)

輸入が禁止されているもの
以下のものについては、関税法でその輸入が禁止されています(関税法第69条の11)。これらの禁止されているものを輸入した場合には、関税法等で処罰されることとなります(関税法の罰条)。
また、植物防疫法や家畜伝染病予防法においても輸入が禁止されているものがありますので、ご注意ください。
1.麻薬、向精神薬、大麻、あへん、けしがら、覚せい剤及びあへん吸煙具
2.けん銃、小銃、機関銃、砲、これらの銃砲弾及びけん銃部品
3.爆発物
4.火薬類
5.化学兵器の禁止及び特定物質の規制等に関する法律第2条第3項に規定する特定物質
6.感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律第6条第20項に規定する一種病原体等及び同条第21項に規定する二種病原体等
7.貨幣、紙幣、銀行券、印紙、郵便切手又は有価証券の偽造品、変造品、模造品及び偽造カード(生カードを含む)
8.公安又は風俗を害すべき書籍、図画、彫刻物その他の物品
9.児童ポルノ
10.特許権、実用新案権、意匠権、商標権、著作権、著作隣接権、回路配置利用権又は育成者権を侵害する物品
11.不正競争防止法第2条第1項第1号から第3号までに掲げる行為を組成する物品
輸入が規制されているもの
外国から輸入される貨物については、わが国の産業、経済、保険、衛生、公安及び風俗等に悪影響を及ぼすものがあり、これらの貨物について、わが国では、それぞれの国内法令によって「輸入の制限」を行っています。
輸入の制限については、外国為替及び外国貿易法その他の法令により、貨物の輸入に関して許可、承認その他の行政機関の処分または検査あるいは条件の具備(以下「許可、承認等」)を必要とする旨規程しており、
この制限を、関税法による輸入の許可制に結びつけることによってその実効を確保しています。
したがって、貨物の輸入について関税関係法令以外の法令(通称「他法令」)の規程により許可、承認等を要する場合には、輸入申告または輸入申告にかかる税関の審査の際に他法令の許可、
承認等を受けている旨を税関に証明し、確認を受けなければ輸入の許可がされないことになっています(関税法第70条)。
輸入に関する他法令については、輸入を予定している税関または最寄りの税関にお問い合わせください。
また、輸入関係他法令に該当する品目を輸入される際には、輸入手続をスムーズに行うためにも、あらかじめ、主管省庁にご相談されることをお勧めします。
以上は税関による禁止、規制商品の概要となっています。

ですが更に輸入代行業者が利用する運送会社が独自に定めた取扱不可(送れない商品)があるので、
代行業者に利用の運送会社は希望の商品が日本へ発送可能か確認する必要があります。
日本の法律上では問題ないのに宅配便発送で滞ったという報告がよくある商品
 ギター、バイク車のガスサスペンション、クロスボウガン、ナイフ、香水、食品など

また、ブランド商品(ブランドプロテクション)によっては日本では輸入ができないものもあるので、注意が必要です。
偽造防止とブランド保護製品によっては、偽造品は安全や健康上の問題を惹き起こすことがあり、死に至らしめる可能性もある。

アメリカからギターを個人輸入しようとしましたが運送会社から断られましたワシントン条約に抵触

MENUスマートフォン用

管理人/副管理人のみ編集できます

メンバー募集!