個人輸入、海外通販の総合情報サイト - 個人輸入の現状
近年のインターネット普及で海外との交流が容易になり、
各国のオンラインショップが日々便利に進歩して様々な海外の商品が個人レベルで輸入されています。

個人輸入の定義にあるようにあいまいな部分が多く管理規制などがそのスピードのに追いついていない傾向もみられるようです。

輸入者には良い点もありますが、反面、輸入した商品が思わぬところで人体、環境、社会に良くない影響を及ぼす事があるかもしれませんので、
輸入者は自己責任を持って輸入することが必要です。


MENUスマートフォン用